WordPress5.0にアップデートしたら投稿画面がGutenberg仕様になったのでClassicEditorプラグインで旧型に戻した話。

WordPress5.0がリリースされたので早速アップデートしてみました。
ここ最近はずっとカメラで遊んでいたのでWordPressにアクセスすらしていないような状況でしたが、久しぶりに「更新するかー」と重い腰を上げて管理画面を開いてみたらアップデートのお知らせが来てたので爆速でアップデートしました。

私は基本的にWrdPressやスマホのOSアップデートをリリース後すぐには実行しないタイプなんですが(理由は後述します)、今回はスッとアップデート。(笑

しかし…投稿画面のエディターが見事に変わってる!!
しかもめっちゃ使いにくいのですぐに旧型のエディターを使うことにしました。
ということで旧エディターへの戻し方(正確には再現方法)をシェアします。

お困りの方はぜひ。




新型(Gutenberg)エディターはこんな感じ

新型エディター”Gutenberg”はこんなデザインです。

今までの旧型とぜんぜん違うでしょ?(笑
私の場合、どうも使い勝手が悪いので旧型エディターを使うことにしました。

旧エディターはClassicEditorプラグインをインストール&有効化

旧型のエディターに戻すには(実際には戻すというより再現するといった方が正しいと思う)、ClassicEditorをインストール&有効化しましょう。
ちなみにClassicEditorをインストールすれば自動的に有効化されるので、インストール後は何か操作する必要はありません。


また、新しいタイプのGutenbergバージョンのエディターを使用する場合はこのClassicEditorプラグインを停止してください。
プラグインページで停止することができます。

余談:これまですぐにアップデートしなかった理由と今回はすぐにした理由

冒頭でも書きましたが私は基本的にアップデートを待って待って実行するタイプでした。
理由は新しいバージョンがリリースされた直後は色々と不具合が発生するのでそれを回避するため。

例えばスマホのOSなんかでもバージョン5.0なら5.1などの改良版がリリースされてからアップデートすれば多少は不具合が少ない状態で使いだすことができるんです。
でも私の場合、下手したら5.3とか5.5になってからようやくアップデートしようかーと重い腰を上げ出すんですが、言うてる間にバージョン6がリリースされるという最先端を体感できる状態にあるにもかかわらずちょっと世代遅れな使い方をするという変なクセがあったんですよ。

まぁでも冷静に考えればセキュリティの関係もあって基本的には最新のバージョンがリリースされたら速やかにアップデートするのが良いんですよね。
なので最近は新バージョンがリリースされたらできるだけ早くアップデートするよう心掛けています。
その結果、今回は超使いにくいエディターになっちゃったんですが、旧エディターを再現するためのClassicEditorで今まで通りの使い方が出来ているので特に問題はないです。
不具合も今のところ特に確認できていないのでおそらく大丈夫かと思います。

結論:しばらくは旧エディターで様子を見てみる

ということでWordPress5.0″Gutenberg”にアップデートしてもClassicEditorプラグインをインストール&有効化すればこれまでと同じ旧エディターを使用できます。

私は旧エディターでクイックタグを入力できるプラグインなどを使用しているのでそれが使えないGutenbergエディターはなんとも使いにくいのでClassicEditorで再現させましたが、しばらくは旧エディターを使いながら徐々にGutenbergへ移行していこうかと思います。

将来的には新しいエディターを使うことにはなると思いますが、正直今はなんとも言えない感じ。
旧エディターのプラグインでずっと行けるならそうしたいけどそこはどうなるかわからないので完全Gutenberg化に備えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です