Macパソコンを買うならMacBookとMacBookProどっち!?冷静に検討してみた結果をザックリと書いてみた。同じ条件で迷っている方の参考になれば幸いです。

Macパソコンがほしい!
どうも、やっすん(@yassung1)です。

現在、私はWindowsパソコンをメインで使っていますがやっぱりMacがほしいなーと。
というのも過去に私はAppleのiBook G4を使用していました。
まだ画面がワイドじゃなかった頃のモデルですが、すごく使いやすかった記憶があります。
起動の早さや感覚的に使える印象が今も頭の片隅に…
その後iPhoneが発売され、Apple製品のその使いやすさが多くの人を感動させたと思います。

で、またMacに戻りたいな~と本気で思ってきたのでどのモデルにするか考えてみました。
私なりの解釈で書いていますが、Macパソコンのモデル選択で迷っている方はよければお読みください!
ちなみに今回は「メインではなくサブとして使うパソコンだけど、外でもバリバリ画像編集したりサイトのデザインを編集できる」というのを条件にMacパソコンを選定してみます。




ノート型Macがほしいので

現在、Macのモデルは全部で7種類存在していますが、今回はその中でもノートブックパソコンであるMacBookとMacBookPro(13インチモデル)を比べてみたいと思います。
ちなみにここ数年アップデートされていないMacBookAirは今(2017年10月現在)買うにはもったいないと感じるので購入候補から外しました。
では2機種の簡単な概要から。

MacBook

現在のMacBookはAppleが販売しているノートパソコンでもモバイル性能に特化したモデルでサイズは12インチのみ。
Macシリーズではいちばん小型で携帯性は抜群なのでカフェで仕事したりするのも超便利そう。

MacBookは2015年の販売以降2016年、2017年とマイナーチェンジを繰り返しています。(2011年までiBookの後継モデルとして販売されていたMacBookとは別ものとして書いてます)
2015年と2016年モデルはパソコンの頭脳であるCPUがIntel Core Mプロセッサのみの展開でしたが、2017年モデルからIntel Core M3とCore i5そしてCore i7も選択できるようになりました。(ただしクアッドコアではなくデュアルコア)

MacBookPro(13インチ)

MacBookProは過去には17インチモデルも展開していたプロ仕様のノートパソコンですが、現在は13インチと15インチが販売されています。
今回は前述したように外で使うことを想定しているので比較対照のMacBookProは13インチにしました。

MacBookPro13インチはパソコンの頭脳であるCPUにIntel Core i5を搭載していますが、Core i7にカスタマイズすることもできます。
また、タッチバーとタッチIDを搭載したモデルもあり、ファンクションキーにあたる場所がファンクションキー以外の用途でも使うことができます。
タッチバーは写真編集する時に活躍しそう!

2機種のメリットとデメリットを書いてみる

簡単な概要がわかったところで2機種のメリットとデメリットを書いてみます。
ただし、2機種を比べたうえでのメリットとデメリットではなく、私がそれぞれに感じるメリットとデメリットを書きます!
なので両モデルのメリットとデメリットが共通していることもあるのでご了承お願いします~

MacBook

○メリット
・12インチという小ささが持ち運びを超便利にしている。
・ストレージがHDDではなくSSDなので持ち運びがちょっと安心。(HDDだと衝撃に気を使う)
・現行(2017年)モデルはCPUをCore m3やCore i7の中から選択できるようになった。
・カラーデザインが豊富(スペースグレイ/シルバー/ゴールド/ピンクゴールド)。
△デメリット
・画面が12インチ。
・CPUがデュアルコア
・USB-C端子が1つなので、拡張性が悪い。

私が感じたのはこんなもんです。
12インチの画面はモバイル性という観点で見れば超最高なんですが、私は大きい画面が好きなのでちょっとデメリットです。
また、htmlやCSSを編集するのでその辺でもある程度大きい画面のほうが好き。
そしてCPUは良いとしてUSB-C端子が1つしかないのはちょっとなーと。
画像をSDやUSBメモリから転送したりするのにもう1つくらいはあったらいいですよね。
そして保証期間を3年まで延長できるAppleCare+に加入する場合は¥23,800円(税別)が必要です。

MacBookPro13

○メリット
・Thunderbolt3という名前のUSB-C端子が2つある(タッチバー付モデルは4つ)。
・持ち運びが苦にはならないが、13インチなので作業効率も悪くない。
・ストレージがHDDではなくSSDなので持ち運びがちょっと安心。(HDDだと衝撃に気を使う)
・CPUをCore i5とCore i7のどちらかから選択できる。
△デメリット
・CPUがデュアルコア。
・カラーデザインがシルバーかスペースグレイのみ。

MacBookPro13インチの感想はこんな感じです。
ストレージがSSDなのは申し分ないしUSB-C端子が2つあるのも拡張性が上がりそうですね。
また、タッチバー搭載モデルだとUSB-C端子が4つに増えるのでそれも良し。
画像編集などで使うとなるとCPUの性能が高いほうが良いのでCore i7を選べるのは良いですが、デュアルコアなのは少し残念。
ただしクアッドコアのi7が選べたとしても価格が跳ね上がるのでそれはそれで悩みどころになるだろうけど…
私がけっこう気にする画面の大きさは13インチですが、まぁなんとか行けそうな気がする。
自宅で使う場合は外部モニターに出力するのもアリですからね。
ちなみに延長保証を3年まで延長できるAppleCare+に加入する場合は別途¥25,800円(税別)が必要。

検討してみた結果は…

私が検討した結果、購入候補として残ったのは、、

MacBookPro13インチ!
ちなみにタッチバーが付いているモデル。笑

細かく見ていくと第7世代の3.1GHzデュアルコアIntel Core i5プロセッサ(Turbo Boost使用時最大3.5GHz)を搭載したモデルで、標準では8GBのメモリですがそれを16GBにカスタマイズ。
ストレージは512GBのSSDで。
AppleCare+が入って合計¥26,8600円也!

もちろんMacBookも良いですが私の条件と照らし合わせた場合、まず画面の大きさが12インチよりも13インチが良いという点でProに加点。
そしてProがほしいと思うのを決定的にしたのはCPUの性能です。同じCore i5でもProに搭載されているもののほうが性能は高いんです。
画像編集や簡単な動画編集をするとなるとMacBookProでメモリは16GBにカスタマイズしたものがほしい。

保険込みとはいえ値段が¥26,8600円とかなり高いですが、これがほしいなーと。
ただ、実際にはタッチバー無しモデルになったりカスタマイズ無しになるかもしれませんが!笑

超ザクッと書きましたが私と同じくMacBookとMacBookProで迷われている方の参考になれば幸いです。笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です