コロナ自粛ムードでも楽しく過ごす方法を考えてみた結果、未来への種をまくことにした話。

コロナ自粛ムードで気持ちもどんよりしてしまいがちですが、そんな時でもまぁ楽しく過ごす方法を考えてみました。

コロナウィルス(COVID-19)による世界的な外出自粛ムードが続いているけれど、そんな時にどう過ごすべきなのか考えたので備忘録としてもブログに書いておこうと思います。

家でゴロゴロするのすら飽きた人たちなどで興味のある人は読んでみてください。




まずは自粛中の注意事項から

COVID-19(コロナウィルス感染症)は罹患すれば重症化する恐れもあるため、まずは自粛中の注意事項から書いておきます。

コロナウィルスが感染拡大する大きな理由は飛沫感染や接触感染だと言われています。
なので私は基本的に風邪と同じと理解しています。ただし、だからこそ感染力が強いとも認識しています。

参考: 厚生労働省コロナQ&A

それらの理由からいわゆる3密と言われる人が密集しているところや、ドアノブ、手すり、エレベーターのボタンなどから自分の目鼻口など粘膜を通して感染してしまうんですね。

それを防ぐためにも小まめな手洗いうがいを意識してやっています。

また、個人的に普段から心がけていることはしっかりと水分補給をすること。
しっかり水分補給することで口や喉、鼻などの粘膜を乾燥から防ぐことができると私は考えています。

注意事項まとめは以下3つ。

•3密を避ける
•小まめな手洗いうがいの慣行
•水分補給を忘れずに

私がやってる過ごし方

さて、ここからが本題です。
コロナ自粛中に私がやってる過ごし方は、以下5つです。

・本を読む
・Netflixで映画やドラマを見る
・英語の勉強
・プログラミングの勉強
・家での筋トレ、屋外でのトレーニング

本を読む
私の場合、家で過ごすといえば定番なのが本を読むことと映画を見ること。
これはコロナにかかわらずわりと普段からやっていて、外出する予定がない場合なんかは本を読んでるかNetflixで映画や海外ドラマを見てることが多いです。

英語の勉強
英語の勉強についても、普段からちょっとではあるけど単語帳をパラパラめくってみたり、文法書を読んでみたりしてますが、最近はそこに割り振る時間がとても多くなったと実感しています。

プログラミングの勉強
また、今年からは本格的にプログラミングの勉強を始めようと予定していたタイミングでコロナウィルスによる外出自粛ですんなりと腰を据えて勉強に入ることができました。
それなりに時間があることから、焦らずまずはHTML/CSSの復習からはじめています。
今後もHTML/CSSも継続して勉強しますが、来月上旬には本丸である他言語に移りたいと考えています。

家での筋トレ、屋外でのトレーニング
あと、普段はジムで筋トレするのが日課ですが、3月中旬から行ってません。
家での筋トレも4月以降はほぼやっていないのが実情で、普段かなりストイックにやっていたのもあり長めのレスト(休息期間)として考えてましたが、今後の先行きも見えないため、そろそろルーティンで自宅筋トレをやろうと計画しています。なので、5つのうち”家での筋トレ、屋外でのウォーキング”はこれからやる予定ですね。

結論: 普段できていなかったことをやってみる

私の場合、普段は仕事とトレーニングの類に多くの時間を費やしていました。
今回の自粛でジムや練習拠点である道場に行けないので、その時間がポッカリと空いてしまった状況です。
最初は寂しい気持ちとゆっくりとできるという安堵の気持ちがありましたが、こうも生活が変化するとやっぱり変な気持ち。と、同時に普段これだけの時間を費やしていたのかと自分でも驚きがありました。

ここ数年、毎日が必死で、その時は気づきもしなかったけど、稽古や筋トレができなくなった今実感するのは「暇やな〜」の一言。

とはいえ性格的にも向上心はあると自負しているので、普段やりたくてもなかなか手を出せなかったことに挑戦してみようと思ったわけです。

そしてそれが、勉強。まあ勉強と一言で言っても受験勉強や資格試験の勉強など色々あるけど、私がスポットを当てているのはテクノロジー分野と教養です。

コロナ自粛で気も滅入ってしまうでしょうが、数年後に咲かせる花の種まきやと思って過ごしています。あとブログの更新にもたっぷり時間を使えそうなのでこちらも頑張りますよ。

数年後に咲かせる花の種まきだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です