海外での支払い方法はどうするのがいちばんお得!?クレジットカードがおすすめだけどプリペイドカードという選択肢もアリ!

どうも、やっすん(@yassung1)です。
夏休みと言えば旅行!旅行と言えば海外!って私は思っているんですが(笑)、実際LCCが普及したこともあり学生などでも気軽に海外へ出かける人は増えているのではないでしょうか?
海外では日本のお金はもちろん使えませんが、カード決済すれば問題なく買い物や食事ができます。
ただし、クレジットカードを所有していない人やそもそもクレジットカードに対して嫌悪感を持っている人もいるはず。
今日は愛外旅行を予定している人に向けて、国外での決済の仕方と現地通貨のお得な両替方法を伝授します!
海外旅行を予定している学生はもちろん、社会人の方にもお読みいただけると思います!




海外での決済方法は様々

その昔、海外で決済をする際によく使われたのがトラベラーズチェックという小切手でしたが、2014年3月31日をもって発行が終了しました。
現在の主流はやはりカード決済と現金決済ですね。
ただし、カード決済にも種類があって一番有名なのは後払いするタイプのクレジットカードではないでしょうか?
日本人はどうも後払いが嫌いなようで、クレジットカードに嫌悪感を持つ人も多いとか。
私の知人にも「クレジットカードは持たない!」と宣言している人がいました。
で、そんな後払いが嫌いな人の理由は大体が「使いすぎるから」だそうです。
いまいちよくわからないですが、そんな人にも安心して使ってもらえるのがプリペイド式カード!
プリペイド式といってもJCBやVISA,Masterなどのマーク付きなのでクレジットカードと同じように使うことができます。
違いは「後払い」なのか「事前にチャージ」しておくかですね。
そしてあとは現金決済です。

海外での決済方法は主に3種類。

・クレジットカード(後払い)
・プリペイドカード(先払い)
・現金

それぞれの特徴は?

それでは3種類それぞれの特徴を解説します。

クレジットカード(後払い)

私が海外に行った際、一番多用するのがクレジットカードです。
事前の両替や紙幣として引き出す必要がないので超便利ですよ。
しかも万が一紛失したり、盗難の被害にあっても電話一つで決済できなくすることができるので安心ですね。
使いすぎるのが心配という声もありますが、そこはしっかりと感覚を持っていれば絶対に大丈夫です。

プリペイドカード

国内発行のプリペイドカードで有名なのはLINE Payカードかな~と私は感じています。
「ラインペイカード」という名称は聞いたことがある人も多いのでは?
あれがいわゆるプリペイドカードで、JCBマークが付いているので国内はもちろん海外のJCB加盟店で使用することができます。
ただし、事前にチャージしておかないと決済できなので注意が必要です。

現金

ほとんどの国で最強の決済方法なのが現金(紙幣・硬貨)ですね。
ただし、基本的に旅行先の国が発行している紙幣や硬貨しか使えないので用意が面倒です。
基本的と書いたのは例えば韓国ではお店によっては韓国ウォンではなく日本円でも買い物ができる所があります。
日本国内でも沖縄ではアメリカドルが使えるお店なんかもありますが、あれと同じですね。
ただし、当たり前にあるわけではないのでほぼできないと思ってください。

現地通貨を手に入れる方法は国内の両替業者を使うのもいいですが、手数料のことを考えるとマネパの外貨両替を使うのがベストだと思います!

また、後述しますがクレジットカードやプリペイドカードを使って現地のATMから現地通貨を引き出す方法もありますが、国内空港を出発する時点において現地通貨を持っている方が安心なので必ず事前に両替しておきましょう。

ベストはクレジットカードですが…

私がベストだと感じるのはやはりクレジットカードです。
国内で特に手続きすることなくそのまま海外で国内と同じように決済できるので超便利!
現地で急に紙幣が必要になった時も現地のATMで現地通貨を引き出すこともできますから。
ただし、事前に絶対に確認してほしいことがあります!!
ここがめっちゃ大事で、所有しているクレジットカードにキャッシング機能が付いているかを確認してください!
クレジットカードにはショッピング枠とキャッシング枠が用意されており、ショッピング枠は20万円あるけれどキャッシング枠は0円というのがけっこうあります!
キャッシング枠が無い場合、現地のATMで通貨を引き出すことはできないので必ず確認しましょう。

また、キャッシング枠が無い場合はプリペイドカードを作っておくことをおすすめします!
たとえば前述したLINE Payカードの場合、事前にチャージしておくことで海外のJCBカードが使えるATMで現地通貨を引き出すことができます。

クレジットカードでキャッシング枠を付ける場合は所得を証明する書類(源泉徴収票など)をカード会社に提出し、審査を受ける必要がありますが、プリペイドカードは発行そのものに審査がないので誰でも申し込めば作ることができます。

まとめ:基本はクレジットカードで決済するが、場合によってはプリペイドカードを併用しよう

海外での決済にはクレジットカードがベストですが、キャッシング枠がない場合はプリペイドカードに事前チャージしておいて、現地のATMから現地通貨を引き出しましょう。
また、クレジットカードを複数枚持っている場合はショッピング用とキャッシング用に分けるのも得策だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です