LINEモバイルで格安SIMを契約するとLINEアプリはもちろんFacebook,Instagram,Twitterアプリのデータ通信量がカウントされません!あなたもSNSの覇者になれます!

どうも、KOICHI(@K01CH1)です。
皆さんは格安SIMって聞いたことありますか?

日本でも2013年からiPhoneのSIMフリー版が販売され、SIMフリーのiPhoneを格安SIMで運用されている方もチラホラ。
私も2014年発売のSIMフリー版iPhone6に格安SIM(IIJmioのSIMカード)を入れて使っています。

私の場合、格安SIMに変えて良い事しかなかったので今日はLINEモバイルを紹介しようと思います。

LINEモバイルではカウントフリー機能というのがあり、LINEとFacebookとInstagramそしてTwitterのアプリがデータ消費量にカウントされないサービスが展開されています。
SNSを多用する方にとっては最高ですよ。

では詳しく解説します!




LINEモバイルって何?

「LINEモバイル」とは無料通信アプリ「LINE」を運営しているLINE株式会社の子会社であるLINEモバイル株式会社が運営しているMVNO事業です。
簡単に言ってしまえばLINEの子会社が格安SIMの販売を開始したということですね。

そもそも格安SIMってどうなの?

私も格安SIMを使っていますが、通信面では特に変化なし。
ソフトバンクやドコモの時と比べても何ら変わりはありません。
まあ、多くの格安SIM業者がドコモの回線を借りて運営しているので変わらないのにも納得ですね。

格安SIMが出だした頃は色々とデマを言う人もいたんですけどね。
”大手キャリア(ドコモなど)が格安SIM会社に回線を貸し出す時はわざと速度が出ないようにしてる”とか。笑

大丈夫でしょ。

LINEモバイルのプランは3種類あります

まず、LINEモバイルには3つの基本プランがあります!
「LINEフリープラン」「コミュニケーションフリープラン」そして「MUSIC+プラン」

LINEフリープラン

LINEフリープランではLINEアプリが使い放題でデータ通信1GBが付いて月額¥500円で使えます!それにSMS機能を付けると¥620円、音声通話機能を付けると¥1200円!

少し残念なのはデータ通信量が1GBのみしか選択できないところ。私は月の通信量が1GBに満たないので大丈夫ですが、さすがに契約しようとは思わないですね。

ただしLINEアプリはデータ通信量1GBに関係なく使い放題なので通信量の大半をLINEアプリが占めているならアリかも?ちなみに通信量に加えられず使い放題になるサービスをカウントフリーといいます。

コミュニケーションフリープラン

コミュニケーションフリープランでは先ほど言ったカウントフリー機能がLINEアプリに加えてTwitter、Facebook、Instagramにも適応されます。
私の場合すべてのアプリを使っていますがInstagramに関してはやはり写真を扱うアプリなので多くの通信量を消費するのを経験済みです。なので私はWi-fi環境でしか基本的にInstagramは使いません。
でもLINEモバイルのコミュニケーションフリープランなら気にせず使えるので安心ですね!

ちなみに通信量は3GB~10GBまで選択できます!価格はデータ通信量3GB(SMS付き)の場合データ通信のみで¥1,110円、音声通話を付けた場合¥1,690円で利用できます。

私ならコミュニケーションフリープランの3GBにしますね。

MUSIC+プラン

これは音楽が好きな人にはおすすめ!
「LINE MUSIC」という音楽ストリーミングサービスがあるのですが、その通信量がカウントフリーとなります!もちろん「コミュニケーションフリープラン」でカウントフリーになるアプリであるTwitter、Facebook、Instagramも同じく使い放題です。

これ、私としてはかなり画期的なサービスでストリーミングサービスってデータ消費量が半端ないんですよね…
なので同系のサービスApple MusicやSpotifyなどはダウンロードして使うことを私はおすすめしていますが、LINEモバイルで「MUSIC+プラン」ならデータ通信量を気にせず使えるので安心ですね。
ただし、当たり前ですがLINE USICのみがカウントフリーの対象です。Apple MusicやSpotifyはデータ通信量を消費します。注意してくださいね。

LINEモバイルの良いところ!(メリット)

ここでLINEモバイルの良い所を書いてみようと思います。

カウントフリー機能

上でも前述しましたがコミュニケーションフリープランだとLINE,Twitter,Facebook,Instagramのデータ消費量がカウントされなくなるのはとても大きいメリットですね。
特に事前の登録などは必要なく、LINEモバイルと契約すれば自動的に付いてきます。

ちなみに他社のデータ通信+音声通話プランの価格と横並びなのでカウントフリー対象アプリをよく使う場合は絶対お得ですよ!

LINEの年齢認証に対応

格安SIMでスマホを運用する際に困るのがLINEの年齢認証が利用できないこと。
年齢認証しなくてもLINEは使えるのでID検索機能を利用しない人にとっては無関係ですが、私は電話番号での自動登録をさせないように設定していることからID検索機能を多用する事が多いです。
そういう場合は大変苦労するのですが、LINEモバイルなら問題なく年齢認証できるので最高です。

LINEモバイルのデメリット

LINEモバイルのデメリットとして私が思うのは2つ。
まずは通話料金を半額にできるアプリ等がないこと。音声通話をすると20円/30秒かかります。
これが例えばIIJmioの場合、専用アプリから電話すると10円/30秒になります。

もう一つは多くの格安SIM会社に言えることですが、端末の使い方等で対面式のカスタマーサービスが用意されていないこと。
自分でスマホの不具合などに対処できない人にとっては少し心細いかもしれないですね。
でもまぁ、友達や同僚にきけば何とかなるでしょ!

私に聞いてもらってもいいですよ。

まとめ:SNSを多用するならLINEモバイルに決まり!

基本的にデータ通信+音声通話の価格は他社と横並びなので、FacebookやInstagramなどのSNSを多用する場合はLINEモバイルがおすすめです!

ちなみに音声通話の割引アプリはありませんがLINEの通話もカウントフリー対象なのでLINEで通話するのがいいでしょう。

↓↓詳細はこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です