関東首都圏で中古マンションの購入・売却を考えている場合、今すぐ「IESHIL(イエシル)」に登録しておきましょう。過去の賃貸情報・売買履歴などからリアルタイム査定できます!

どうも、KOICHI(@K01CH1)です。

さて、いきなり本題ですが、夢のマイホームがほしいと思っている方、けっこう多いのではないでしょうか?
私の周りでも「家がほしい家がほしい」と言っている人が割と多いように感じます。笑

私の持論としては「一軒家はいらない。買うならマンションだ。」って考えなんですが、そのマンションを購入する時に超役立つのが「IESHIL(イエシル)」というサイトです。

今日はそんな超役立つインターネットサービス「イエシル」を紹介します!




「IESHIL」ってどんなサイト?

「IESHIL」は不動産売買をサポートするインターネットサービスです、無料の会員登録をすることで使えます。

具体的に例を挙げると、部屋単位での価格を知ることができます。
マンションであればよく言われているのが”階数が上がると価格も上がる”ですが、私が調べた限りではそうでもありませんでした。笑
また、その地区の平均価格とも比べることができます。
これはとても便利な機能で高額マンションを検索してみるとわかるのですが、平均価格との差が目で見てわかります。
ちなみに4年前はあまり差が無かった物件が今では400万円値上がりしているものもありました。

マンション購入・売却には天下の「イエシル」ですね!

ちなみに会員登録をしなくても一部サービスを受けることはできますが、平均価格との比較や部屋ごとの価格は表示できません。
どうせ無料なのでぜひ会員登録はしてきましょう!
余談ですが、おそらく「イエシル」=「家知る」とかけているのでしょう。笑

政府提供のビッグデータで透明性を追求

イエシルでは政府が提供するビッグデータをもとに利便性や治安、地盤情報など8項目を多角的かつ客観的に評価します。

よく不動産会社などの売り文句に「近くに交番あり!治安もバッチリ!」みたいなのを見ますがあんなのぜんぜん治安が良い証明にはなりませんからね。
年に何回も水害が起こる地区に住みながら「近くに消防署あり!何かあった時も安心!」って言ってるようなもんでしょ?
いやいや、そこ評価するならそもそも水害リスクの低い所に住もうよってなるじゃん。笑

だから目先の情報じゃなくてビッグデータをもとに客観的な評価から出てきた治安バッチリ・水害無しの方が安心できるでしょ。

中立的立場のイエシルアドバイザー


イエシルのサービスにイエシルアドバイザーというのがあり、不動産会社との仲介をしてくれたり、不動産売買で知らないと損をする情報を教えてくれます。しかも無料で!

なぜ無料なのか疑問があると思いますがイエシルの場合、メディア収益などで成り立っているため。
手を組んでいる不動産業者の物件ばかりおすすめされるということもないでしょう。

コラムが実はおもしろい!

最後になりますが、イエシルでは編集部によるコラムも発信しています。これが面白くて勉強にもなります。
リマンショック(離婚×マンション)対策について書かれているコラムがあるのですが、けっこうゾクッとしますね。笑

ま、ゾクッとする話ばかりではないので一度ご覧ください。
おそらく不動産売買に関する知識を増やすことができると思いますよ~!

「IESHIL」の登録はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です