Peak Design(ピークデザイン)のアンカーが無償アップデートでV4に替わりました!V3よりも太いコードでより頑丈に。もしかするとV1アンカーもV4に無償アップデートできるかも!


以前、Peak Design(ピークデザイン)の”アンカー”が突然V3からV4にアップデートされました。
しかもアンカーV3を持っている場合はアンカーV4へ無償アップデートできるということなので申込んでいたのですが、先日ついに自宅へ届きました。

まだアップデートしていない場合は今でも受け付けているのでそのやり方をシェアします。




無償アップデート対象アンカーはV3

今回アナウンスされたのはアンカーV3の無償アップデートです。

V2アンカーは対象にはなっていないので注意が必要ですが、無償アップデートを受け付けているページでは細かな質問が用意されており、アンカーの微妙な違いやその特徴から無償アップデート対象のV3なのか、それ以前のV2なのかを判断してるようでした。(V1アンカーも無償アップデートの対象かもしれません。後述していますが、永久保証が関係しているのかも)

私も自分が持っているアンカーはストラップを購入した時に一緒に付いてきたものなので、V3なのかが自分でもわかりませんでした。(アンカーがいつから販売され、いつV3にアップデートされたのか等の予備知識が無い状態。)

ちなみにアンカーは単体(4個入りパック)で買えるほかPeak Design(ピークデザイン)のストラップを買うと付属品として付いてきます。

付属品として付いてくる場合はストラップなどの生産時期によって入っているアンカーも違うと思うので、ピークデザインのストラップを持っている方は無償アップデートを受付けているページで調べてみると良いでしょう。

無償アップデートの申込み方法

アンカーの無償アップデートを申込む場合は、“Anchor Update Survey”(Peak Design)から申込むことができます。(記事執筆後に思ったんですが、もしかするとこのページは今回のアップデート専用ではなくアンカーの永久保証のためのページかもしれません)

前述しましたが、私のように自分が持っているアンカーがどの時期のものかわからない場合でも簡単な質問に答えるだけで対象のアンカーかを判断してくれるのでアンカーを持っているなら一度調べてみると良いでしょう。

2017年8月15日以降にピークデザインのストラップを購入している場合は、V3アンカーを持っている可能性が高いとのこと。
その後はストラップの販売(購入)時期やアンカーの微妙な特徴(コードの太さやボディの形状)からV3なのかを判断してくれます。

また、どうもV1アンカーを持っている場合も無償アップデートしてくれるようで、申し込みページ最後の方には「V1とV3の総数を教えてください」という質問もありました。
ピークデザインストラップは永久保証なので3年以上前のアンカーは無償で交換してくれるということでしょうか…?

それから今回この記事を書くにあたって無償アップデート申込みページを見直していたのですが、申し込みページ最後に「所有しているV1とV3アンカーの総数を写した写真をアップロードしてください」となっていました。

実は私が申し込んだのは2018年末やったんですが、その時は写真のアップロードは必要無かった気がします…

ま、どちらにしても実際にV1/V3アンカーを持っている場合は無償でアップデートしてくれるようなのでぜひやってみてください!

最後に…アンカー無償アップデートを申し込んでみて

私がアンカー無償アップデートを申し込んでみて率直に思ったのは「なんぼでも嘘の申し込みできるやん」ってこと。
というのも私が申し込んだ時点ではアンカーの写真アップロードも必要なかったのでそれそこ言ったもん勝ち状態やったわけです。

ただ、そこまで甘いとは思ってなかったので私はアンカーを4つ持っていましたがそのうち1個は紛失(家のどっかにあるはず)しており、実際手元にあるのは3つだったので総数を入力するところで「3」と入力しました。
もちろん「4」と入力することもできたわけですが、無償アップデートの際にV3アンカーを返信する必要があると思っていたので実際に持っている数を入力したわけです。

数日後、自宅に送られてきたV4アンカーはなんと2パック(8個)でした。(記事最上部の写真がそうです)
しかも返信する必要もなかったのでちょっとびっくり…

今でも太っ腹な対応ですが、さすがPeak Design(ピークデザイン)という感じです。
アンカーをもっている人はぜひアップデートしてみてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です